top of page

南浜・海のいきもの図鑑 マダイ

お祝いの魚 マダイ です!


赤い体に水色の斑点がとっても綺麗で

海からマダイが見えると自然とテンションがあがります


近年では養殖が確立されたので入手しやすい魚です

また価格も安定しているので身近な魚といえます



新潟沖は天然物の大きなマダイが獲れるので釣り客に大人気!

南浜の沿岸でもこんなサイズのマダイが獲れることがあります!


楽しく食べるには20㎝程度の小型のマダイがオススメです

タイの仲間は骨が硬いので捌くのが大変です

20㎝程度のサイズでしたら調理しやすくオススメです


タイを調理する時のコツは


1)タイの仲間はウロコが硬いので取り忘れが無いように

丁寧にウロコを取り除きましょう


2)苦玉(胆嚢)を破かないように気を付けましょう

ほとんどの魚には内臓に緑色の苦玉(胆嚢)があります

なかでもマダイの苦玉はとっても苦い!

もし破って緑色の液体(胆汁)が身に付いたら

洗っても苦味がとれません

液体が付いた部位はあきらめて削いですてましょう


捌いてしまえば、刺身、焼き魚、煮魚、なんでもオススメ

大きなマダイは身がパサつくと言われますが

しっかりとした身は鍋料理がオススメです


ぜひお祝いの席にはマダイを食べませんか?



bottom of page