top of page

南浜 海のいきもの図鑑 バショウカジキ

バショウカジキは

長いうわあご=吻(ふん)と大きな背びれが特徴の魚です


普段は大きな背びれを畳んでゆっくり泳ぎます

餌をとるときは時速100㎞を超えるスピードで近づき

一気に大きな背びれを開いてブレーキとして使い

回り込んで餌となる魚を翻弄します

そして長い吻(ふん)で餌となる魚を叩き捕獲します!

スピードタイプのカッコいい魚なのです!


新潟では馴染みがありませんが

佐渡沖では3mを超える大型の漁獲もあります




暖流にのってやってくるバショウカジキ

太平洋側では、はえ縄漁で獲ることが多いです


佐渡では定置網で獲るので

バショウカジキを活きたまま捕獲できます

昨年も佐渡で捕らえたバショウカジキが

アクアマリンふくしまで飼育公開されました


スポーツフィッシングでは有名でカッコいい魚なので

この姿を知っている人は多いでしょう


ですが実物を見る機会はとっても珍しいです

機会がありましたらぜひじっくり観察してください!

コメント


bottom of page